• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-05-02
カテゴリトップ > 航海計器/GPS魚探/魚探/コンパス > GPS魚探(ガーミン)
【ガーミン/GARMIN】Airmar B175H 8-pin 1KW スルーハルマウント振動子 船底12° 【お支払方法代引不可】《スルーハルマウント振動子(8-pin)1kw 船底12°》
CHIRP発信する1kw級のCHIRP振動子で最高のピンスポットビームを誇ります。

《本体スペック》
本体:13.66×13.66×厚さ11.8cm

《詳細スペック》
・指向角6-10度
・スルーハル取付可能
取付位置の傾斜角度によって3タイプから選択してください。0〜7°、8〜15°、16〜24°
・HI CHIIRP HI-DI通常魚探:1KW(210-130khz)
・実用最大深度:350m(塩分濃度で変化)
・水温センサー内蔵

《特徴》
Airmar B175Hを使うと実用300mまでの高解像度 広範囲探査計測が可能になります。
B175Hスルーハルマウント振動子はHi-CHIRP発信210-130khzに対応しています。
実証テストでは350mまで使用できました。
海で、魚を単体で確認できた水深は300mです。
現在手に入る1kw級のCHIRP振動子最高のピンスポットビームを誇ります。
6-10度のビームは水面付近から300mまで完全動作します。
底質の種類を見分ける、漁礁の形を正確にとらえる、深場の岩場を発見するなどが可能になります。
何より素晴らしいのは高周波と極細ビームによる高解像度、クリアビューの届かない230-350m以内でのピンスポット探査に大きな威力を発揮します。
高周波を使用することでより小さいターゲットを写すことが可能です。
浅い水深ではビーム角が狭く船の真下の魚さえも探査できないことがあります。

GARMIN機器を購入される上での確認事項
・当社取扱GARMIN MARINE機器は、正規日本国内モデルです。
 メーカー無償修理保証2年 日本仕様のConected GARMIN
・この保証はアクセサリーにも適応されます。
 物理破損でない場合であれば振動子の故障も保証対象となります。
・日本国内対応仕様バージョンに変更実施済みのため、並行輸入商品等とはバージョンが異なっています。
・並行輸入機器は日本仕様Conected GARMINではありません。
 バージョン・仕様が異なり、正常に作動しないケースが多々発生しております。
 ご購入の際は、ご注意ください。
■ご注意事項メーカーサイトアドレス
www.g-fishing.com/new/2018-03-17-062401.html

正規日本国内モデル

スルーハルマウント振動子(8-pin)1KW
価格
200,000円 (税込 216,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ (確認後納期連絡します)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link