• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-05-11

Fender Made In Japan Traditional 70s Telecaster Blue Ice Metallic 新品 《レビューを書いて特典プレゼント!!》
[フェンダージャパン][トラディショナル][ブルーアイスメタリック,青][テレキャスター][Electric Guitar,エレキギター]
Fender Japan New Line Up "Traditional"

アッシュボディにTelecasterピックアップを搭載したTRADITIONAL 70S ASH TELECASTERは、
シンプルなコントロールでキレのあるエッジーなトーンを再現します。
オリジナルモデルに忠実なボディ・ラジアスを採用し、より”本物”に近い風格を漂わせます。
豊富なカラーバリエーションに加え、指板はローズウッド】メイプルの選択肢を用意し、
テレキャスターファンなら誰もが満足する一本を見つけられる多彩なオプションをご用意しています。

Body Material:  Ash
Body Finish:  Polyester
Neck Material:  Maple
Neck Finish:  Polyester
Neck Shape:  "U" Shape
Scale Length:  25.5" (648 mm)
Fingerboard Material:  Rosewood
Fingerboard Radius:  7.25" (184.1 mm)
Number of Frets:  21
Fret Size:  Vintage-Style
Nut Material:  Bone
Nut Width: 1.615" (41.02 mm)
Position Inlays:  White Dot
Pickups:  Vintage-Style Single-Coil Tele ×2
Controls:  Volume, Tone
Switching:  3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
Bridge: 3-Saddle Vintage-Style Strings-Through-Body Tele with Chrome Barrel Saddles
Tuning Machines:  Chrome Die-Cast
Hardware Finish:  Chrome
Case/Gig: Gig Bag


付属品:純正ソフトケース、正規保証書

お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630

 
価格
94,500円 (税込 102,060 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link