• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-09-10
カテゴリトップ > スキー > スキースタイル > フリーライド&パウダー

18-19
アトミック atomic
BACKLAND 102W
+18/19Marker KINGPIN 10
[ツアー金具付き2点セット]

人気のあるBacklandスキーはツーリングに最適な要素を兼ね備えています。
Ultra Light Woodcoreにより軽量化されているのでクライミングを楽にし、優れて滑走安定性もあります。
ハードパックと柔らかい雪のどちらにも対応できます。

BACKLAND 102W

Size : 156/164/172 cm
Sidecut : 129-102-120 mm(R=16m)
Weight : 1514g (164cm)

・Cap Sidewall
・Light Woodcore
・Carbon Backbone




セット金具:18/19Marker KINGPIN 10

スキービンディングの世界をリードしてきたマーカーはKINGPINでピンテックビンディング技術のスタンダードを大きく変えました。
KINGPINの持つ数々の独創的なテクノロジーは、伝統と革新のマーカーに寄せられる期待にこたえるべく誕生しました。

DIN:5-10
適合体重:50-110KG
スタンドハイトトゥ:21mm
Toe System : KINGPIN PIN TECH TOE
AFD Grinding Plate : Grinding AFD
Step in Heel : KINGPIN HEEL
Color : BlackxOrange
Weight (1/2pr.): 730g
ご注意:ATOMIC Backlandシリーズブーツ、Scarpa F1EvoなどTLT/Tech専用ブーツには対応しておりませんので、ご注意ください。
ただし、一部のTLT/Tech専用ブーツにつきましては別売AT Adapterを装着することで、対応する場合もありますので、ブーツの対応につきましては、別途お問い合わせください。


【ご注文前にご確認ください】
※こちらの商品は予約販売となります。入荷日に関しましてはご注文後に改めてご連絡差し上げます。 ※生産の遅れ、輸入状況によって入荷が遅れる場合がございますので予めご了承くださいませ。(パドルクラブ)


メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。



【大型荷物】【18-19】【KINGPINSET】【pt10ski】 ツーリングに最適!
メーカー希望小売価格152,280円 (税込)
価格
133,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
入荷次第発送予定(10月中旬〜11月中旬頃)▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
Size
164
入荷次第発送予定(10月中旬〜11月中旬頃)
×・・・売り切れ
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link