• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2020-03-11
カテゴリトップ>管楽器>トランペット
YAMAHA ヤマハ ゼノ トランペット YTR-8335
【送料無料】【smtb-ms】【RCP】【zn】
Innovation that Inspires
YAMAHA TRUMPET YTR-8335
クリアラッカー仕上げにより、イエローブラスベルの持つ明るい素材感が生かされたモデル。見た目の素材感だけでなく、クリアラッカー仕上げならではのソリッドな音色も魅力です。Xeno8335シリーズの原点ともいえるピュアな音を再現。
【特長】
新設計ベル
バルブに連結する末端部位のデザインを見なおし、演奏における最適な抵抗感を実現。さらに、これまでより高音域の演奏性を格段に向上させました。
バルブケーシング、ピストンの薄肉化
バルブケーシングとピストンを薄肉化し、反応性をよりいっそう向上させました。薄肉化による抵抗感の変化をリバランスさせるため、主管からピストンに入る管の角度を変更するなどし、より快適な吹奏感を実現しました。
第1抜差
より快適な吹奏感と密度のある音色を生みだすために、第1抜差にカニ目を追加しました。
主管抜差管
適度な抵抗感を与えるために主管抜差の唾抜臼(コルクを受ける部分)を高くし、さらにウォーターキイバネの両端をカールさせることでレスポンスが向上しました。
ケース
TRC-896II(ストラップ、インナーバック付)
【仕様】
色/仕上げ
本体 仕上げ クリアラッカー
機構/構造
ベル ベル直径 123mm
ボア ボアサイズ ML
調子 Bb
材質
ベル材質/加工法 イエローブラス/一枚取り
付属品
同梱品 ケース TRC-896ll
付属マウスピース TR14C4

求めていたもの。それが“Xeno”
ヤマハ トランペット ゼノシリーズ

Innovation that Inspires
Xeno(ゼノ)シリーズは、優れた楽器デザイナーや確かな技術を身にまとうクラフトマンシップ、世界を舞台に活躍するアーティストたちの経験、技術、そして夢が総合的に結実したシリーズです。力強く量感のあるサウンドと繊細な音楽表現を実現するための絶妙な抵抗感は、演奏者に新たなひらめきをもたらします。あなたの求める理想の音楽表現に応えるために、Xenoは奏者とともに進化し続けます。
【概要】
“Xeno”とはギリシャ語で「外から来た」「ゲスト」を意味します。 ヤマハXenoトランペットの誕生は1990年でした。

ニューヨークの一線で活躍するアーティストとのコラボレーションは、ベル新素材の採用、音響焼鈍など、楽器作りの基本工程を見直す結果となりました。ヤマハは妥協なき設計哲学と、持てるハンドクラフトのノウハウを惜しみなく投入し、ニューヨーク発フラッグシップモデルトランペットを生み出しました。

その後“Xeno”トロンボーン、コルネットなど他の金管楽器へ広がりました。 いずれもトランペットと同じくヤマハXenoの設計・製造思想を受け継ぐ金管楽器の最高級シリーズです。
【新品・点検調整後発送致します!】
価格
247,000円 (税込)送料無料
点検調整後:通常3〜4日以内に出荷
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
  • 大型宅配便
  • メール便
  • コンビニ受取
  • 郵便局受取

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link