• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-11-15
カテゴリトップ>チェア>ダイニングチェア
HIROSHIMA アームチェア スタッキング張座 オーク ブラッシュ M-02 マルニコレクション MARUNI COLLECTION 2925-28 2925-38 2925-88 2925-78 チェア 幅53.5cm ステンレススチール ブラッシュ仕上げ 深澤直人 NAOTO FUKASAWA ナチュラル 北欧配送情報


チェア HIROSHIMA アームチェア(スタッキング張座) オーク ブラッシュ M-02

プロダクトデザイナー深澤直人氏を迎え、マルニ木工が世界の定番を目指した椅子。昭和3年の創業以来、高い技術力で多くの高品質な木製家具を輩出してきた日本屈指の老舗家具メーカー「マルニ木工」。この出会いによって生まれた「HIROSHIMA」(「ヒロシマ」)。使用シーンを限定せず、あらゆる場所で使えることを想定し設計されたシンプルで飽きのこない精緻な構造のアームチェアは、次の世代にしっかりと受け継ぐことが出来る堅牢さも持ち合わせています。
MARUNI COLLECTION (マルニコレクション)
マルニ木工が作るべきものとは何か、原点とは何かを探るため、100 年使っても飽きのこないデザインと堅牢さを兼ね備えた家具作りをめざしました。マルニ木工にしか生み得ない「日本から世界に発信する家具」であり、匠の技が生んだ美しさの結晶です。
ホームユースだけでなく、公共施設などでもご使用いただけるアームチェア(スタッキング張座)。HIROSHIMAはアームから背につながるラインが特徴的な無垢の木を彫刻的に3次元に削りこんだ綺麗なチェアです。スタッキングも同じイメージのラインを生かして背とアームと座の繋がりを踏襲しており、背面から見る形が美しく、細いステンレスの光沢の脚が無垢な木質と調和しています。4脚までスタッキング可能です。
サイズW560 x D530 x H765 x SH430mm
材質オーク
バリエーション商品画像参照
納期約3から4週間
送料送料無料 ※北海道・沖縄・離島・一部地域を除く 送料について
HIROSHIMA,アームチェア,スタッキング張座,オーク,ブラッシュ,M-02,2925-28,2925-38,2925-88,2925-78,チェア,ステンレススチール,マルニコレクション,MARUNICOLLECTION
価格
75,000円 (税込81,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
在庫・予約×バリエーション
購入可予約分
ナチュラルクリアカート下のバナーを参照ください。×
ナチュラルホワイトカート下のバナーを参照ください。×
ナチュラルブラックカート下のバナーを参照ください。×
ライトグレーカート下のバナーを参照ください。×
×・・・ご好評につき完売いたしました。
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link