• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-08-04
カテゴリトップ > 弦楽器 > 弦楽器一覧 > バイオリン
Antonio Tarontino 葉加瀬太郎シグネーチャーモデル HT-200 4/4 バイオリンセット 【アントニオタロンティーノ】【数量限定】【予約受付中:12月中旬以降お届け予定】

島村楽器及び葉加瀬アカデミーだけの限定販売

【特徴】

・本体・弓・ケースは、葉加瀬太郎さんと共同開発した限定モデル。全て日本国内で生産
・葉加瀬太郎さんより「ビギナーでも鳴らし易く響きが良いものを」というリクエストに応えるため、響板の厚みをマイスター茂木の指導の下、ハンドメイドで様々なポイントを薄くしたり、厚めに残したり・・・と、専門的な見識のもと細かく削って仕上げています。(全て均一な板厚ではありません。)
・新作イタリア楽器のような明るいイメージの見た目に仕上
・ネック周りの形状も葉加瀬さんのリクエストに応じて、日本人の手に握りやすい「やや細め」に加工
・弦・肩当て・松脂は、葉加瀬太郎さんご本人が普段から実際に愛用しているものをセレクト
・裏板の虎杢は、葉加瀬太郎さんご所有のオールドバイオリン、名器Giuseppe Antonio Rocca 1843年「ex.Sigerman」同様に、上向きのV字に組み合わせて製作
・バイオリン本体には「オリジナルラベル」と「焼印」入り
・ご本人の自筆サイン(プリント印字)の入った保証書が付属

【仕様】

◆バイオリン本体
・恵那バイオリン製
・サイズ:4/4
・表板:北米産スプルース古材
・裏板:北米産メイプル古材(虎杢上向きV字)
・横板/ネック:北米産メイプル古材
・指板:エボニー
・あご当て/ペグ/エンドピン:ローズウッド
・テールピース:Wittnerアジャスター内蔵型ローズウッド柄
※葉加瀬太郎とマイスター茂木の指導のもと、 響板の設計・ニスの仕様・ネックの太さを変更した限定モデルです。

◆バイオリン弓
・杉藤製
・限定モデル(フェルナンブーコ材)
・ 「A.Tarontino」刻印入り特注品

◆バイオリンケース
・デュープレックス製
・Antonio Tarontino限定カラー(三角型)
・外装:ネイビー+茶革 】 内装:ベージュ
・オリジナルワッペン入り

◆弦
・ピラストロ Evah Pirazzi(エヴァ・ピラッツィ)
※葉加瀬太郎さんご愛用モデル

◆肩当て
・KUN BRAVO
※葉加瀬太郎さんご愛用モデル

◆松脂
ベルナルデル
※葉加瀬太郎さんご愛用モデル

JANコード:2370000398895

【葉加瀬太郎】【シグネイチャー】【葉加瀬太郎】【シグネチャー】

島村楽器及び葉加瀬アカデミーだけの限定販売

価格
194,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
予約受付中
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link