• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-05-06
カテゴリトップ > ブランド > Aqua Marina
SUP スタンドアップパドルボード インフレータブル
AQUA MARINA アクアマリーナ RAPID (ラピッド)
■長さ:289cm
■幅:84cm
■厚み:15cm
■重量:10kg
■適応体重:130kgまで
■容積:289L
■セット内容:SUP本体、フィン(センター×1、リバー×4)、バッグ、プレッシャーゲージ付きハンドポンプ、アクションカメラマウントキット、バルブアダプタ、補修キット


●AQUA MARINA(アクアマリーナ)のインフレータブルSUP(サップ/スタンドアップパドルボードボード)
●リバーサップ用に開発された、安定感のある頑丈なモデル。
●空気圧が18psiまでいれることができ驚くほどの剛性を実現し、ハードボードに負けないパフォーマンスを発揮してくれます。
●あらゆる波に対応できるよう取り付けられた5つのフィンは、通常のフィンよりも柔らかく破損しにくい構造となっています。
●ステップバックターン(方向転換)がしやすく、操作性がアップする4cmのキックパッド付き。


【特にご注意いただきたいこと】
※本品は初期不良の場合のみ返品交換に対応させていただきます。一度でもご使用された商品や、お客様のご都合によるいかなる理由がある場合でも、対応しかねますので予めご了承ください。なにかご不明な点がある場合は、ご使用にならずにまずお電話かメールにてご連絡ください。



■メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています■



ボード先端が広くなっており、節水面が多く、流れがある不安定なフィールドでも優れた安定感を発揮します。不規則な流れに対し、方向転換ができるようボード後方にはキックパッドと、左右への支点ポイント切り替えが簡単に行える独自のフィッシュテール採用。





▲ 世界60か国で販売されているSUPラインナップはこちら

▲ 季節を問わず人気なウォータースポーツ!カヤックが新登場

 インフレータブルスタンドアップパドルボード(iSUP)組立方法

空気注入口を上側にして設置します。
硬い地面で広げますと表面に傷がつくこともありますので、下に段ボールなど敷くことをおすすめします。


空気を入れる前にサイドフィンを取り付けてください。フィンの両側のフックを本体に引っかけます。 ポンプのバルブアダプターを空気弁に押し込み、ロックがかかるまで時計回りに回転させます。 10〜15psiまで空気を入れることが可能です。


センターフィンをスライドさせて奥までしっかり差し込み、ピンで固定します。


SUP スタンドアップパドルボード インフレータブル セット
メーカー希望小売価格129,600円 (税込)
価格
103,680円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link