• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-09-07
カテゴリトップ>コーヒー専門器具>エスプレッソメーカー>電動エスプレッソマシン
取寄品】日付指定不可 多機能エスプレッソマシン &ドリップマシン X Shot (黒)
多機能エスプレッソマシン &ドリップマシン
X Shot(エックスショット) とは
X Shotはコーヒーのエスプレッソマシンだけでなく緑茶・ほうじ茶などのお茶のエスプレッソマシン、ドリップコーヒーのドリップマシンとして様々なシーンに活用できる多機能エスプレッソ&ドリップマシンです。それぞれの抽出に対応した特殊なフィルターとプログラムが搭載されており、こだわり抜いた機能があなたを満足させる味を実現します。ご家庭で、オフィスで、手軽にカフェをお楽しみください。

『こだわり』を実現する3種類のプログラム
 X Shotには3種類の専用プログラムが用意れています。
 ●ドリップ用プログラム: Drip1,Drip2,Drip3
  ハンドドリップの動作を再現したプログラムです。
  蒸らしを行った後、3回に分けて1杯分の抽出を行います。
 ●エスプレッソ用プログラム: Espresso C
  通常のエスプレッソマシンと同じ動作をするプログラムです。
  蒸らしを行った後、一気に抽出を行います。
 ●ティーエスプレッソ用プログラム: Espresso T
  茶葉を効率よく蒸らすために用意されたプログラムです。
  蒸らしを3回に分けて行い十分に蒸らした後、一気に抽出を行います。

『こだわり』を追及するスペシャル機能があります。
 X Shotには3種類の専用プログラムを更に進化させる『プログラム変更機能』があります。
 抽出に関わる各項目の数値を制限範囲内で自由に変更することができます。
 ●湯温(お湯の温度):70〜99℃
 ●蒸らし用湯量(蒸らしに使用するお湯の量):0〜50秒(無負荷の状態で1秒=約10cc)
 ●蒸らし時間(材料を蒸らす時間)0〜50秒
 ●抽出湯量(飲料の抽出量)1〜250秒(無負荷の状態で1秒=約10cc)


X Shot(エックスショット)多機能エスプレッソマシン&ドリップマシン

X Shot(エックスショット)多機能エスプレッソマシン&ドリップマシン
電 源:AC100V
ボイラー(湯量):500cc
ボイラー(電力):1,000W
スチーム発生器:700W
ポンプ:バイブレーションポンプ
給水タンク:2リットル
サイズ:W230×D300×H380mm
重 量:9.0kg



X Shot(エックスショット)多機能エスプレッソマシン&ドリップマシン

X Shot(エックスショット)多機能エスプレッソマシン&ドリップマシン
※お取り寄せ品になります。
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
136,080円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
商品取り寄せ後出荷予定(3日〜8日)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link