• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-10-09

パネライ ルミノール マリーナ 8デイズ アッチャイオ Ref.PAM00590 ステンレス 2000本限定 2015年 R番【中古】【メンズ】
商品について
メーカー パネライ
モデル ルミノール マリーナ 8デイズ アッチャイオ Ref.PAM00590 ステンレス 2000本限定 2015年 R番
ムーブメント 手巻 Cal.P.5000
ケース SS 44mm
ブレスレット ストラップ SSピンバックル 純正ストラップ【使用済】
付属品 箱 保証書 修理明細書
状態 A- 一部傷有り(磨きで取れる)【内部機械・精度確認済み】
コメント パネライの時計は元々イタリア海軍の特殊潜水部隊向けに特注で開発されたもので、時計のデザインや技術が軍事機密に属していたため、一般には公開されていませんでした。その後、1993年頃一般向けに時計の販売を始め、その独特のデザインと実用性の高さから人気が出始めました。2014年以降のステンレスモデルにはイタリア語で鋼鉄を意味する「アッチャイオ」がモデル名に付きます。こちらのPAM00590 ルミノール マリーナ 8デイズ アッチャイオはPAM00203 ルミノール1950 8デイズ アンジェラスのデザインを復刻したモデルです。デザインのベースとなったPAM00203は、かつてパネライに搭載されていたアンジェラス製の8日巻きムーブメントCal.SF240を搭載した150本限定のレアモデルです。8日間という驚異のパワーリザーブを有するCal.SF240が採用されたのは1955年のことで、長時間の軍事作戦で使用することを想定して作られました。こちらのPAM00590は元々2014年に北米限定1000本で生産され、その人気の高さから2015年に日本でも2000本限定で販売されたモデルです。3時方向に記された「8 GIORNI BREVETTATO」は8日巻きの特許取得を意味します。搭載されているCal.P5000はCal.SF240をオマージュした自社開発ムーブメントで、ツインバレルを採用しており192時間(8日間)のパワーリザーブがあります。輪列は大きな一枚受けで覆われており、部品点数を抑えたシンプルなデザインは伝達効率を重視した物になっています。PAM00203を調べるとPAM00590の良さがわかります。ケース横の一部に傷がございますが全体的に綺麗な状態を保っておりおすすめです。箱・保証書・修理明細書が付いた優秀な個体です。

PANERAI LUMINOR MARINA 8 DAYS ACCIAIO Ref.PAM00590 SS 2000 PIECES LIMITED Ca.2015 Ser.R
価格
598,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
2日〜3日以内でお届け(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link