• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-12-06
カテゴリトップ > ベース > ブランド別 > ブランド名G > G&L > Tributeシリーズ > L-2000シリーズ
G&L Tribute L-2000 (BLB/M) "インドネシア製" 《ベース》【送料無料】【ONLINE STORE】もはや定番となった感のあるG&Lの代表機種、L-2000ですが、このトリビュートシリーズのL-2000なら、2本目、3本目のステップアップにちょうど良い価格で手に入ってしまうのです!
そして、同価格帯の楽器と比べても、このシリーズは圧倒的に「よくできた」ベースと言えるでしょう。
その理由として、まず、本家USA製のものと同じPU、ブリッジを搭載していることです。G&LのPUの優秀さ、高性能ぶりは、他の一般的なPUに比べてケタ違い、と言っていいでしょう。弦振動を、忠実に、非常に効率よく電気信号に変換してくれます。
これは同時に、楽器本体の鳴りがそのまま音に出る、ということを意味することになりますが、このトリビュートシリーズにおいては、インドネシア製であることから想起されるイメージを、きっと、いい意味で裏切ってくれることでしょう。非常に「使える」楽器です。コストパフォーマンス、という観点から見ても、これ以上のものは無いかもしれません。
2本目、3本目の楽器を探されている方には、ぜひお試しいただきたいと思ってやみません。あるいは、最初のベースとしても、この楽器は、自信を持っておすすめできる1本です!

■ギグケース付
Specification
PICKUPS: 2 Fullerton-made G&L Magnetic Field Design humbucking pickups
BODY WOOD: Basswood or Swamp Ash
NECK WOOD: Hard Rock Maple with Rosewood fingerboard
NECK RADIUS: 12" (304.8mm)
NECK WIDTH AT NUT: 1 3/4" (44.5mm)
TUNING KEYS: Open-back traditional tuners
BRIDGE: G&L Saddle Lock bridge with nickel plated die-cast saddles.
CONTROLS: G&L Tri-Tone active/passive electronics, 3-way mini-toggle pickup selector, series/parallel mini-toggle, preamp control mini-toggle (off/on/on with high frequency EQ boost)

 【ベース】《ジーアンドエル》
価格
96,000円 (税込 103,680 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link