• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-08-12
カテゴリトップ > その他
【送料無料】
EPSON SC-T3150N A1プラスインクジェットプロッター/ SureColor/ 4色/ エントリーシリーズ/ スタンド無しモデル
【在庫目安:僅少】

A1プラスインクジェットプロッター/SureColor/4色/エントリーシリーズ/スタンド無しモデル

小型・軽量・省スペース設計でWiFi搭載なので、設置場所を選びません。全色顔料のエプソン純正「Ultra Chrome XD2インク」により、高い耐水性を実現。水濡れや色あせに強く、雨濡れが心配な現場での閲覧用途にも適しています。ラウンド線】斜め線のガタツキや文字のつぶれのないはっきりとした線画を高速(A1約34秒)で印刷できます。大型タッチパネルやドライバープレビュー機能でプリンターや印刷の状態を見える化。操作性向上とミスの削減を実現しました。オートシートフィーダー搭載。またロール紙と単票紙は自動切り替えなので、切り用紙替え時のストレスなくご利用いただけます。

詳細スペック

  • プリント作図方式フォトマッハジェット方式
  • 印字速度【ポスター】<普通紙ロール<厚手/薄手/A1サイズ>600dpi×600dpi 速い双方向印刷オン:約34秒 【CAD】<普通紙ロール<厚手/薄手/A1横サイズ>300dpi×600dpi ドラフト双方向印刷オン:約34秒
  • 解像度(モノクロ)最高解像度:2400dpi×1200dpi
  • 解像度(カラー)最高解像度:2400dpi×1200dpi
  • 用紙種類単票紙、ロール紙
  • 最大用紙サイズ(カット紙)A1プラス
  • 最大用紙幅610mm
  • 最大印字幅604mm
  • 最大用紙厚0.3mm
  • 用紙形態(ロール紙)ロール紙外径:110mm以内
  • マージンロール紙/単票紙:上下左右:3mm ※アプリケーション、用紙種類により異なります。※最小設定値
  • 精度±0.26mmまたはベクタ長の±0.1%
  • メモリ(標準)1024MB
  • メモリ(最大)1024MB
  • インターフェースUSBインターフェース(Super-SpeedUSB)
  • ネットワーク1000BASE-T/100BASE-TX、IEEE802.11b/g/n
  • スタンドなし(別売:SC24STD3)
  • 本体サイズ(H)230mm
  • 本体サイズ(W)970mm
  • 本体サイズ(D)696mm
  • 本体重量約27kg(インクカートリッジ含まず)
  • 電源AC100V、50/60Hz
  • 最大消費電力28W

★ポイント10倍★要エントリー(12/4(火)20:00〜12/11(火) 1:59まで)
価格
171,622円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
【在庫僅少】通常1〜3営業日以内に発送予定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link