• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2020-03-06
カテゴリトップ>電子楽器/DAW/PA/レコーディング>DTM・DAW>エフェクター/アウトボード
MANLEY STEREO VARIABLE-MU LIMITER COMPRESSOR M/S コンプリミッター 【マンレイ】

イメージギャラリー  ※画像をクリックで拡大表示

商品詳細画像一

Variable Mu (バリアブルミュー) は、音楽制作の最終段階においてミックスをしっかりと馴染ませ、磨き上げるためのコンプリミッターです。

【特徴】

●Manleyカスタムの入力/出力トランスフォーマー(ニッケルを重ねたミューメタルケースに収納)
●フラットな周波数特性:20Hz 〜25kHz
●バランス入出力
●各チャンネルごとにオールチューブの回路 : 5670、5751(12AX7)、7044(5687)、12AL5
●(T-Bar Mod では5670を2対の6BA6に置き替え)
●独立した真空管電源供給とヒーター電源供給
●ハードワイヤードバイパススイッチ
●MSオプションを搭載、モード切替により左Chを“Middle”右Chを“Side”とした独立したコンプレッション可能

【仕様】

●トランスフォーマーバランスXLR入力
●トランスフォーマーバランスXLR出力
●入力インピーダンス:600Ω
●出力インピーダンス:600Ω
●入力アッテネーター:ステップスイッチ式
●最大ゲイン:35dB
●最大出力:+30dBu / 26V RMS、26dBヘッドルーム
●周波数特性:20Hz 〜 25kHz フラット
●THD +N(高周波歪み率):0.1%以下 @1kHzサイン波形
●ノイズ:-85dB
●レシオ
リミッターモード:4:1 〜 20:1
コンプレッサーモード:1.5:1 〜1:1
●アタックタイム:25mS 〜 70mS(ミリ秒)
●スレッショルド:可変式
●リカバリー:0.2S、0.4S、0.6S、4S、8S(秒)
●ハイパスサイドチェーンフィルター:-3dB @100Hz
●ステレオリンク
●メーター:自照式Sifam製(2003年12月/シリアル番号MSLC61642以降のユニットはLEDライト、2003年12月/シリアル番号MSLC61642以前のユニットは26V 1.2W FESTOONランプを使用)
●電源消費:80W(120/240VAC)
●動作電圧:100V、120V、220 〜 240V @50/60Hz(出荷地域に合わせた電源オプション設定)
●ヒューズ仕様:MDA または MDL SLO-BLO Time delay 1 1/4“ × 1/4“
1.25 A @ 100〜120VAC電圧駆動時
0.6 A (600mA)@ 220〜240VAC電圧駆動時

JANコード:4530027253098


Variable Muは、音楽制作の最終段階においてミックスをしっかりと馴染ませ、磨き上げるためのコンプリミッターです

価格
602,640円 (税込)送料無料
お取り寄せ:納期お気軽にお問合せください
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link