• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2019-10-06

【ポイント3倍】ビクセン HF2-BT126SS-A 対空双眼鏡セットビクセン HF2-BT126SS-A 対空双眼鏡セット

●HF2経緯台
天体観測用の大型双眼鏡など搭載可能な経緯台です。剛性の高いSX・SXD用の三脚に取り付けてお使いいただけます。

●倍率を自由に
BT126SS-Aは接眼レンズを交換することで自由に倍率を選べる大型双眼鏡です。
※一部適合しない接眼レンズがあります。

●あらゆる角度で無理なく観測
直視式の双眼鏡で星の観察を行う際は、見上げる形になるので見にくく、つらい姿勢にならざる得ない欠点がありますが、対空式では45度の位置から覗くことができますので、あらゆる角度の観察に対して楽な姿勢での観測が可能になります。

●接眼レンズ付属
レンズ全面にマルチコートを施したSLV20mm接眼レンズがセットされています。

【仕様】
対物レンズ有効径:126mm
焦点距離:625mm
架台タイプ:経緯台
方式:対空双眼鏡
重量:3400g

鏡筒部
・対物レンズ(主鏡)有効径:126mm/アクロマート、マルチコーティング
・焦点距離(口径比F):625mm(F5)
・分解能・極限等級:0.92秒、12.3等星
・集光力:肉眼の324倍
・サイズ:長さ630×幅360×高さ200mm
・重さ:10.5kg
・ファインダー:アリミゾ式台座付属(ファインダー別売)
※XYスポットファインダーまたは50mmXYファインダー脚(L)併用で暗視野ファインダー7倍50mmが使用可能です。
・眼幅:58〜102mm

接眼部
・パーツ取付サイズ:差し込み/31.7mm(接眼レンズ別売)
※31.7mm径接眼レンズが使用可能です。(但し、LV8〜24mm、NPLは使用不可)
・接眼レンズ:(31.7mm径)
※高倍率接眼レンズを使用する場合
「BT126SS-A鏡筒」は接眼レンズを差し換えることによって倍率を変更できますが、構造上、高倍率となる接眼レンズを使用した際、光軸が合わなくなる場合があります。使用する接眼レンズには、焦点距離10mm程度以上(中・低倍率)のものをおすすめします。

架台部
・架台タイプ:HF2経緯台
・上下左右動 上下左右フリーストップ、固さ調整機構付
・重さ:約3.4kg

三脚
・材質・形式:大型六角形アルミ製2段伸縮式(ワンタッチ式)
・サイズ:長さ807⇔1,299mm、高さ(地上高)730⇔1,156mm、設置半径460⇔706mm
・重さ:5.5kg

その他
・写真撮影:写真撮影不可
・太陽観察:不可
・総重量:19.4kg(接眼レンズ別)

価格
414,259円 (税込 447,399 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
お取り寄せ 通常14日〜20日
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link